軽蔑は不要、避妊薬・プラノバールの効用について

避妊薬というと、昔の人は拒否反応を示す人もいるかもしれません。しかし、医療が発達した現在、選択肢が広がった自由な価値観の中で暮らしている人間にとって、一つの普通の薬になりつつあります。

プラノバールとは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という二種類の女性ホルモンを配合して作られた薬で、月経異常や更年期障害や卵巣機能不全といった不妊症などの治療に用いられます。経口避妊薬として処方されることがあり、一般の方でもレディースクリニックなどで処方してもらえます。

プラノバールを服用すれば、体内のホルモンバランスが整えられるので、定期的に服用している期間は「排卵後~生理前」の妊娠しやすい状態が作り出され、高温期を維持します。一定期間の服用をやめると、自然に生理が起こり、この作用を利用して、月経周期を調整することが可能です。

生理不順で悩んでいる女性はたくさんいます。いつ来るかわからない不安な感情は不眠へとつながり、日常生活に支障をきたすこともあります。生理不順が治れば、心配事もすくなくなるので、女性の強い味方といえるでしょう。

避妊薬は利用方法によっては女性の味方でもありますので、軽蔑のまなざしを向けるのは間違っているでしょう。女性は生理があるものだし、簡単な生き物ではありません。アフターピルも、望まない妊娠を避けるためには必要なものですし、人間として賢い選択です。プラノバールの副作用は人によって違いますが、一般的には、嘔吐や食欲不振や下痢、便秘などさまざまです。ひどいときは医師に相談する必要があります。それはどの薬でもそうです。用量や用法を守って正しく使用することが大事です。