避妊薬とバナナを併用して月経前症候群を軽減させる

ピルと聞くと避妊薬というイメージを抱く人が多いですが、例えば性行為前に避妊をしなかったり、避妊していても何かのトラブルで避妊が成功しなかった場合に緊急で飲むタイプのピルもあります。このピルは72時間以内に服用することで避妊効果を発揮してくれますが、服用したからと言って絶対に避妊できたというわけではなく、72時間以上経っていたり飲んだ後に吐いたりした場合は、十分な避妊効果を得ることができないため妊娠する確率が高まります。基本的に服用をした後、一週間以内に生理がくれば成功といえます。遅くとも1ヶ月と考えておいてください。しかし、それ以上様子を見ても市えりが来ない場合は、婦人科を受診するようにしてください。また、こうした避妊以外にも女性特有の身体の不調にも効果があります。その中でも生理前にホルモンバランスが崩れてしまってイライラや倦怠感が起こってしまう月経前症候群の軽減に効果があると考えられていますが。また、月経前症候群の症状をより軽減させるには、バナナを食べてから飲むとより軽減効果が高まります。バナナには心を安定させる物質であるセロトニン材料が多く含まれていて、特に生理前にはこのセロトニンが減少してしまいがちですので、心が不安定になって頭痛やイライラ、体の倦怠感などにつながっていきます。そのため、バナナを食べてセロトニンを増加させ、気持ちを安定させてからピルを飲むようにすると心の不安定が改善されたより効果が望めます。さらに、果物の中でこのセロトニンを増加させてくれる食べ物はバナナだけになります。バナナは季節関係なく食べることができるので、継続的に続けられることがとても魅力だといえます。