酒に酔い避妊せずに膣内で射精した時に使う避妊薬

タバコとは違って、時には薬にもなるというお酒ではありますが、やはり飲み過ぎてしまうと、思考能力も普段通りとはいかず、動きも怠慢になってしまうなど、身体には様々な影響を及ぼしてしまうものです。男女間のお付き合いにおいて、お酒を楽しんだ後に性交渉を持つ、という流れも、別段珍しいことではありませんが、この際に気を付けなければならないことは、当然ながら確実に避妊をするということでしょう。子供を持つことを望んでいるのであれば問題ありませんが、お酒の勢いで無防備なセックスを行ってしまった挙句、望まない妊娠をしてしまった、という失敗談は非常に多く聞かれるものです。お酒を飲むと、細かいことを気にしなくなってしまう人が多いので、妊娠を避けたいと考えている女性は、普段から避妊薬を服用する習慣をつけ、自分の意思だけでも確実に避妊ができるようにしておきましょう。しかし、そのような管理ができていない状態で、避妊対策を取らずに性交渉を行ってしまった時、次の生理が無事に来るまで、もんもんとしながら待つ、というのではあまりにリスクが高すぎます。心と身体に与える負担を考えれば、中絶手術など絶対に受けないようにしなければならないので、副作用のリスクはありますが、アフターピルという緊急避妊薬を服用して、妊娠を回避させましょう。このアフターピルは、膣内で射精後、七十二時間以内に服用すれば、百パーセントではありませんが、妊娠を回避させることができる薬です。医療機関でなければ処方してもらえませんが、緊急時に女性が取れる最善の対策法です。どこの医療機関でも扱っているわけではないので、念のために調べておくというのも、自分の身体を守るための策なのではないでしょうか。